樹種詳細ページ ケヤキ

この木について

ニレ科ケヤキ属の落葉広葉樹。
樹形がよく、庭木などとしてもよく植えられていますが、樹齢とともにかなりの大きさに成長します。
古来から漆器によく使われていて、固く重厚な材です。

材の特徴

ケヤキは年輪に沿って太い導管が規則的に並んでいるのが特徴です。
その太い導管は、肉眼でハッキリと確認できます。
このように輪っか状に導管が整列している材は「環孔材」といわれ、 拭き漆を施すと大きな特徴として現れます。

拭き漆を施すと、"トラディショナルブラウン"という風合いに

ケヤキは、「拭き漆といえばこれ!」と言ってもいいほど一般的な材料です。
木目に沿って並ぶ導管の穴は漆で作った下地材で埋められ、黒と茶の織り成す色合いとなってまさに伝統的な和のイメージを呼び起こします。

使いやすい和のうつわとして

木目が生み出す色合いや柄は伝統的な和のイメージですが、 ぽってりとした丸みや木地の厚みが親しみを生んでいます。
和の雰囲気が好きな方や、少し年配の方にもオススメできます。

裏面ロゴマーク

内側

パッケージ

おとも碗には、収納用ミニふろしきとリーフレットが付属します。

ご購入はこちらの取扱店様のページからどうぞ。